• トップ /
  • ひとり暮らしの家探しの知識

1人暮らしなら1Kか1R

ひとり暮らしの家探しの知識

毎月の費用から考える家探し

誰でも、心からリラックスできる自分の住まいを持つことが、仕事や学業などの社会生活を充実させるために不可欠です。これは進学や仕事の関係で、ひとり暮らしを始める人にとっても当てはまることです。住む期間は限定されるかもしれませんが、妥協せずに良い住まいを探したいものです。ひとり暮らしの家探しでは、毎月家賃にかかる費用と1Kや1R などの間取りが第一の焦点になります。毎月の生活には家賃だけでなく食費や光熱費、また服飾費や交際費なども必要になりますから、支払いが負担にならない家賃で住める物件から家探しをすることは大切です。物件情報を見る時に1Kと1Rの違いを知っておくと、費用を考える点でも役立ちます。この2つは同じように考えてしまいがちですが、1Kというのは部屋の他にキッチンが付いている物件で、ドアによる仕切りがあることがその定義となります。それに対して1R では、キッチンが仕切られていない物件に用いられ、最大のメリットは1K表示のある物件に比べて家賃が安いという点です。加えて、余計な仕切りがないため生活動線がスムーズになり、部屋も広く見えるというメリットもあります。ですので費用面を考えて家探しをしている場合、かなりお得な物件だということができます。

↑PAGE TOP